Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ミステリードア

ディズニー都市伝説|カラス/蚊がいない理由!電磁波退治の噂が怖い!

ディズニー都市伝説|カラス/蚊がいない理由!電磁波退治の噂が怖い!
 

ディズニー都市伝説|カラス/蚊がいない理由!電磁波退治の噂が怖い!ディズニーリゾートには怖い都市伝説がいくつかあります!でもこの都市伝説はとてもディズニーの思いやりを感じられる都市伝説なんです!最後まで読めば、きっとディズニーの素晴らしさを改めて感じられますよ♪

ディズニー都市伝説|ディズニーシー/ランドにカラスや蚊がいない理由は電磁波で退治しているから?

ディズニーの開業当初から「ディズニーランドやシーにはカラスや蚊がいない。」という有名な都市伝説があるのをご存知でしょうか?

どうやって撃退しているかというと、噂では音波や電磁波、超音波などの特殊電波を発生させる装置をパークのいたるところに備え付けてディズニーリゾートをバリアしているので、カラスや蚊がディズニーランドやシーに入り込めない、という事らしいのです。

そして、この特殊音波は大人はほとんど感じることができないけれど、子どもは聞き取ったり、感じたりすることができるため、ディズニーランドやシーでいつも以上に子どもがはしゃいでしまうのは、カラスや蚊を撃退するための特殊電波の副作用とする都市伝説もあります。

ディズニー都市伝説|そもそもディズニーランド/シーにはカラスや蚊がいないって本当なの?

しかし、実際にディズニーランドやシーに行けば分かると思うのですが、カラスや蚊はパーク内に存在しています。ただし、他の場所に比べると極端に少ない数です。

ディズニー都市伝説|ディズニーランド/シーのカラスの生息地は?

ではパーク内のどこにカラスが生息しているのでしょうか?実際にキャストに聞いた話ではディズニーランド内ではシンデレラ城の裏辺りにいるという答えが。

他にジャングルクルーズのジャングル内にいたとか、トゥーンタウンでゲストの食べているフードを狙っていた、というような目撃情報もあるそうです。

ディズニーシー内でも各所でカラスの目撃情報があるようです。ロストリバーデルタ辺りは木々の多い場所があるので、カラスが生息しやすいのかもしれません。

ディズニー都市伝説|どうしてカラスや蚊がいないっていう都市伝説が生まれたの?

どうしてカラスや蚊がいないという都市伝説が生まれたのでしょうか?

カラスについては、ゲストがパークに落としたごみやポップコーンをカストーディアルキャストが素早く片付けるからでしょう。

もちろんゴミ箱も、ごみであふれる前にキャストが片付けています。そのためパーク内でごみ=エサを拾えるところがほとんどないため、エサを狙いにくるカラスが極端に少なくて、「ゲストがディズニーランドやシーにはカラスがいない!」と思ったということが考えられます。

蚊については、ディズニーランドではカヌー探検やトムソーヤ島いかだ、ジャングルクルーズ、スプラッシュ・マウンテンなどの大量の水を使ったアトラクションがあります。

ディズニーシーは海がテーマのため周囲は水だらけです。

これだけ見ていると蚊が発生する状況がかなり大きいのですが、水については、ゲストが訪れる水域の水をろ過循環しているために蚊が発生しないそうなのです。

水が停滞しているところに発生する蚊の幼虫・ボウフラも毎日水が循環されているようでは生きていけませんから、蚊がパーク内で発生することはありありませんね。

また、雨の後に水が溜まりやすい場所については、日常的に目視で点検をしてボウフラがわかないようにしているそうです。

これらの理由から蚊の発生率はかなり低いことが想像できます。

以上のようなことはディズニーが夢と魔法の国でゲストを楽しませるために日々行っている配慮と努力によるものでしょう

ディズニー都市伝説|その他(カラス/蚊がいない理由の電磁波退治の噂にまつわること)

そもそもパーク内でのカストーディアルキャストの清掃については有名な話ですよね。ゲストが落としたポップコーン一粒も瞬時にトイブルーム(ほうき)とダストパン(ちりとり)で清掃してしまいます。

極端に生息数が少ないことに加えて、パーク内はいつも清掃が行き届いた状態で、ゴミ箱を漁るカラスや不衛生な環境で発生する蚊がいるとはゲストもなかなかイメージできないのでしょう。

ディズニー都市伝説|ディズニーの配慮に感動!

カラスや蚊がいない噂が発生した裏側にはディズニーの配慮がと努力があったわけですが、他にもディズニーの素晴らしい配慮はたくさんあります。その一つにパーク内で落とした遺失物が手元に返ってくる時にもあるようです。

ディズニーランドのあるアトラクションで水の中に母親の形見の指輪を落としてしまった方がいたそうです。

大量の水の中、発見は絶対無理だと思っていたそうですが、後日見つけたと電話があり、どうやって見つけたのか聞くとディズニー側は「ここは魔法の国ですから。」と答えたそうです。実は何十人ものダイバーが潜って探したそうです。

水中に落とした指輪が返ってくること自体すごいことですが、その苦労をゲストには一切語らずにさらっと魔法で見つけたかのような返答ができるということはディズニーらしい素晴らしい配慮ですよね。

他には子供が落とした靴の片方を受け取るときに、そのゲストへ「ミッキーが届けてくれました。」と答えた例もあるそうですよ。

ディズニー都市伝説|まとめ

ディズニーランド、シーにカラスや蚊がいないという都市伝説は全く嘘のようですが、そういう噂が出るほどにパーク内はディズニーの配慮によってきれいに保たれているということになります。

噂のような電波や超音波が出ているということもないようですので、これからもきれいなパーク内で安心して遊べますね。