Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ミステリードア

ディズニー都市伝説|キャラクターに隠された人種差別主義者問題!?

ディズニー都市伝説|キャラクターに隠された人種差別主義者問題!?
 

ディズニー都市伝説|キャラクターに隠された人種差別主義者問題!?夢に溢れたディズニー作品やキャラクターに、人種差別問題が隠されているという都市伝説をご存知ですか?どういった形で隠されているのか…。ウォルトディズニーは人種差別主義者だったという噂も!今回はウォルトの都市伝説を調査!

ディズニー都市伝説|ディズニーリゾートの創設者ウォルトディズニーのプロフィールを紹介

まず、ディズニーリゾートの創設者であるウォルト・ディズニーについてご紹介します!

ウォルト・ディズニー(Walt Disney)1901年12月5日アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに生まれました。
自分の家の庭に鉄道模型を建設してしまうくらいの鉄道オタクで、さらに無類の動物好き。

ディズニーリゾートに鉄道系の乗り物が多いことや、作品に動物キャラクターが多いのはウォルトの好みなのでしょうね。
美術学校の夜間部通い、広告会社に就職。その会社で知り合ったアブ・アイワークスと共にアニメ会社を設立します。
倒産と再建を繰り返しながらも「兎のオズワルド」などのシリーズで成功しますが、当時の配給業者にスタッフごとキャラクターを他社に奪われてしまいます。しかし失意の中ミッキーマウスを生み出し、遂に1929年ミッキーマウス主演『蒸気船ウィリー』を発表。
そして1948年頃に、ディズニーはパーク建設を具体化させていきます。パーク構想にあたりウォルトは、遊園地で子供を遊ばせている親が手持ち無沙汰な様子が気にかかり、そこから大人も楽しめるテーマパークの建設を思い立ったとも言われています。
そして1955年にディズニーランドを建設。現在に渡り世界各地にパークが建設されています。

ディズニー都市伝説|ウォルトディズニーは人種差別主義者だった!?

そんな噂が出てきたのは、世界的大女優のスピーチが発端でした。
「ナショナル・ボード・オブ・レビュー2013」の授賞式でのこと。当時プレゼンターとして出席していた女優メリル・ストリープが、主演女優賞を獲得したエマ・トンプソンを紹介する際に、ウォルトが人種差別主義者であったことを語り出したのです。
エマが主演女優賞を獲得した作品「ウォルト・ディズニーの約束」
実はメリルが出演オファーを断った作品でした。断った理由は定かではありませんが、スピーチの際にエマに対して『素晴らしい女優』と褒め称える一方、ウォルトに対して以下のように語ったのです。

「ウォルト・ディズニーは女性が嫌いだった、と彼の仲間が証言していますね」
「ナイン・オールドメン(ディズニーが誇る9人の伝説的アニメーター達)の1人で、チェシャ猫やマッドハッターの生みの親であるチーフ・アニメーター、ウォード・キンボールはディズニーについてこう語っていたの。『彼は女性と猫を信用しない奴だった』って」

「何千何億もの人々に喜びをもたらしてくれたディズニーだけど、おそらく…少々人種差別主義の傾向がありました。反ユダヤ主義のロビー活動を支援していたし、彼の会社の方針を見れば明白で、性別に強い偏見を持つ人だったのです」
 
さらに、ウォルトが1938年にアニメーターとして働きたいと希望する女性に送ったとされる手紙のコピーを読み始めます。

「エマの賛辞にぴったりな手紙を読ませてね。彼女も私みたく“狂犬のように男を食うフェミニスト”だから、きっと喜んでもらえると思うわ」
「会社の方針としてアニメーターには若い男性しか採用しない。女性雇用者の仕事は、与えられた指示に従いながら透明なセルロイドのシートに墨汁を使ってトレース作業を行い、その反対側に色づけをする。女性雇用者にクリエイティブな作業は行わせない。」

メリルのこの暴露は、大変な反響を呼びました。
しかし、ウォルトが生まれたのは日本だと明治30年代。アメリカでも権利意識が弱く、白人が黒人を差別するのは当たり前の時代。その後キング牧師らの公民権運動が1950年代から1960年代にかけて起こったので、ウォルトの晩年にかけて人種差別は徐々に禁止されていきました。
つまり、ウォルトが成功し名声を得ていた時代は人種差別が当たり前の事とされていたのです。

ディズニー都市伝説|ウォルトディズニーが人種差別主義者だという根拠は、キャラクターの手とプルートが犬であることにある?

皆さん、特別意識したことはないと思いますが、ミッキーやミニーは白い手袋をしていますよね?
これは、ミッキー達が白人であると示している証だと言うのです。
ミッキー達のように、人間のように振る舞うキャラクター達は白い手袋をしていますが、プルートなどは白い手袋をしていません。
そして、グーフィーも同じ犬なのに、なぜプルートは擬人化されなかったのか。プルートはなぜ黄色い犬なのか…
それは黄色人種を表しているのではないかと。つまり日本人も差別の対象だったのではないかと言われています。

ディズニー都市伝説|ウォルトディズニーの黒い都市伝説!

人種差別主義者だったという話だけでも充分にショッキングな事ですが、ウォルトについてはまだ黒い噂があがっています。
なかでも、「ウォルト・ディズニーの死体が冷凍保存されている!?」というもの。
いつの日か蘇る為に冷凍保存されているとか…
それが本当だとしたら、何の為に?蘇ったら何するの?と、作者はひたすら恐怖を感じました…

ディズニー都市伝説|ウォルトディズニーについて

子供の頃からディズニーが大好きだったのですが、ウォルト・ディズニーについて詳しく知ろうと思ったのは小学生の頃。夏休みの宿題で、偉人の伝記の読書感想文を書かなければなりませんでした。誰にしようか悩んでいた時に、図書室でウォルト・ディズニーの伝記をみつけ、「大好きなディズニーランドの事が載ってる!?」と思い、ウォルトの伝記を読むことにしました。
当然ディズニーランドの事はほんの少しだけ、後は当時の私には難しい内容ばかりだった記憶があります。
大人になって、まさかウォルトについての記事を書かせて頂けるとは思いませんでしたが、あの時難しくて理解出来なかった伝記を今回執筆にあたり読むことが出来、懐かしい思いがします。

黒い噂が多いウォルト・ディズニーですが、私達に沢山の夢を与え続けてくれているのも事実です。
光あるところには闇もある…そんなところでしょうか。
皆さんはウォルトの黒い噂を知り、どう思われますか?私は今もこれからもディズニーが大好きなので、ディズニーの魔法にかかり続けたいと思っています。