Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ミステリードア

ディズニー都市伝説|ランドで起きた自殺の場所と原因!死後に人形が…

 

ディズニー都市伝説|ランドで起きた自殺の場所と原因!死後に人形が…!?ディズニーリゾートの都市伝説ご存知ですか?夢の国ディズニーにも怖い都市伝説があるんです!ディズニーランド自殺が起きたという噂聞いたことありますか?今回は自殺の場所と原因を調査!死後に人形が?

ディズニー都市伝説|ディズニーランド/シーの歴史をご紹介!

今年2018年4月15日でディズニーランドは開演35周年を迎えました!
惜しむらくクローズしてしまったアトラクションもありますが、新エリアや新アトラクションなど、今だに進化を続けているディズニーリゾート。

ここでざっくり、ランドとシーの歴史をご紹介します!

ディズニーランドについて

1983年4月15日に世界で三番目のディズニーリゾートとして、《夢と魔法の王国》東京ディズニーランドがオープン。
2001年9月4日に《冒険とイマジネーションの海》東京ディズニーシーがオープンしました。

ディズニーランドはオープン当初、4つのエリアで構成されていました。
ゲート中央にある「ワールドバザール」、そこから左回りに、ジャングルの中に迷い込んだような「アドベンチャーランド」、古き良きアメリカの西部開拓時代をテーマにした「ウエスタンランド」、夢と魔法が溢れる「ファンタジーランド」

1988年4月15日、近未来的な世界観の「ショーベース(後のトゥモローランド)」がオープンします。
そして1992年10月1日、アメリカ河の畔で小動物達が暮らす田舎町をテーマにした「クリッターカントリー」がオープン。
さらに1996年4月15日、ミッキー達の住む街として「トゥーンタウン」がオープンします。

ここからは各アトラクションが作られた日を、分かりやすく年表形式でご紹介!

◯1985年1月17日、開園以来初の新規アトラクション、「マジック・ジャーニー」オープン
1986年12月クローズ
◯1986年3月8日、「アリスのティーパーティ」オープン
◯同年7月1日、「シンデレラ城ミステリーツアー」オープン
2006年4月5日クローズ
◯1987年3月20日、「マジック・ジャーニー」に代わり「キャプテンとEO」オープン
1996年9月1日クローズ
◯1987年7月4日、「ビッグサンダー・マウンテン」オープン
◯1989年7月12日、「スター・ツアーズ」オープン
2012年4月2日クローズ
◯1992年10月1日、「スプラッシュ・マウンテン」オープン
◯1993年4月15日、「ディズニー・ギャラリー」オープン
2016年9月30日クローズ
◯同年7月21日、「スイスファミリー・ツリーハウス」オープン
◯1997年4月15日、「キャプテンEO」に代わり「ミクロアドベンチャー!」オープン
◯2000年9月1日、「プーさんのハニーハント」オープン
◯2004年4月15日、「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」オープン
◯2008年7月25日、「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”」としてリニューアルオープン
◯2009年4月15日、「モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”」オープン
◯2011年1月24日、「ミッキーのフィルハーマジック」オープン
◯同年4月15日、「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」オープン
◯2012年8月24日、「グーフィーのペイント&プレイハウス」オープン
◯2013年5月7日、「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」としてリニューアルオープン
◯2014年9月8日、「ジャングルクルーズ ワイルドライフ・エクスペディション」としてリニューアルオープン
◯2015年7月17日、「スティッチ・エンカウンター」オープン
◯2016年11月22日、「キャンプ・ウッドチャンク」オープン

今後もまだまだ新エリア・新アトラクションの予定があります。要チェックですね!

ディズニーシーについて

お次はディズニーシーについてご紹介します!

ディズニーシーはテーマポート(港)と呼ばれる7つのエリアで構成されています。

ゲートを通過した正面にある、港町をテーマにした「メディテレーニアンハーバー」、アメリカの港がテーマの「アメリカンウォーターフロント」、未来都市がテーマの「ポートディスカバリー」、古代文明の遺跡発掘現場がテーマの「ロストリバーデルタ」、アラビアンナイトの世界をモチーフにした「アラビアンコースト」、人魚たちの暮らす海底王国がテーマの「マーメイドラグーン」、小説【海底二万里】の世界観をモチーフにした「ミステリアスアイランド」

シーのアトラクションについても、分かりやすく年表形式でご紹介!

◯2005年4月17日、「アリエルのグリーティンググロット」オープン
◯同年7月21日、「レイジングスピリッツ」オープン
◯2006年9月4日、「タワー・オブ・テラー」オープン
◯2007年3月28日、「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」としてリニューアルオープン
◯2011年4月28日、「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」オープン
◯同年7月18日、「ジャスミンのフライングカーペット」オープン
◯2012年7月8日、「トイ・ストーリー・マニア!」オープン
◯2015年4月24日、「マーメイドラグーンシアター」リニューアルオープン
◯2017年5月12日、「ニモ&フレンズ・シーライダー」オープン
◯2018年4月15日、「トランジットスチーマーライン」リニューアルオープン

ディズニーシーでも、今後新エリアに新アトラクションの予定が目白押しです!

ディズニー都市伝説|なぜディズニーランドは夢の国と言われるの?

ディズニーランドやディズニーのキャラクター達の生みの親、ウォルト・ディズニー。
ウォルトは幼少期とても貧しい暮らしをしていました。

父親の仕事であった新聞配達を手伝うも、給料は全て父親に取り上げられ、おもちゃもろくに買ってもらえなかったそう。だからこそ、子供の頃に叶うことのなかった夢や理想を、大人になったウォルトが再現したのがディズニーランドなのです。

そしてディズニーランドが夢の国と呼ばれる理由がいくつかあります。

①ディズニーには時計が少ない!

あんなに広いパーク内で時計を見かけることがほとんどありません。あったとしても、オブェジェとして建物や空間にすっかり溶け込んでいる物ばかりですね。
時間を気にした途端、一気に現実に戻ってしまうので、時間を忘れて夢のような時を過ごしてほしい…という想いからきているそうです。

②パーク内にゴミが落ちていない!

大勢のゲストが歩き回っているパーク内なのに、足下を見てもあまりゴミをみかけません。
ゲストがポップコーンなどを落としてしまっても、どこからともなくキャストがやってきてササッと掃除をしていくのです。いつ見ても素晴らしいお手並みです。夢の国にゴミはあり得ませんものね。

③普段頑張っているキャストに、ディズニー社員から夢のプレゼント!

ディズニーリゾートでは、年に一回全キャストへ感謝を込めて、特別なプレゼントが与えられるそうです。それは、閉園後にディズニー社員さん達がキャストに変身し、普段働いているキャストをゲストとして迎え、夢の国を満喫してもらうんだそう。

今回は3つ挙げましたが、まだまだディズニーのプロ意識を感じさせる要素が沢山あります。ぜひ来園して探してみてください。

ディズニー都市伝説|ディズニーランドで起きた自殺の場所と原因は?死後に人形が置いてあるって本当?

とても不吉なタイトルですが、アトラクション内で従業員が首吊り自殺をしたという話があります。

場所は、ファンタジーランドにある「イッツ・ア・スモールワールド」

ディズニーではアルバイトに対しても徹底的な従業員教育をすることで有名です。それなのに、アトラクション内での自殺…一体何があったのでしょうか。

噂によると、ある従業員が不祥事を起こしディズニーランドをクビになったそう。その事で逆恨みをし、アトラクション内で自殺をしたのではないかと言われています。

そしてその自殺をした場所は《スイス人形の近く》だそう。

そこは元々何の人形も置かれていない場所だったが、少しでも早く忘れてもらおうとその場所には現在人形が置いてあるそうです。

ディズニー都市伝説|ディズニーランドで起きた事件をピックアップ!

夢の国で事件なんて物騒な話はなるべく避けたいところですが、どうしても違和感がある…気になってしまう不思議な場所があります。

ランドにある「カリブの海賊」で、ボートに乗って進み始めてすぐの所にある一軒の小屋。その前にカリブの海賊の世界観とは合わない白い花が置かれています。

白い花…まるで何かの供養のようですね。

どうやら、カリブの海賊建設中の事故で亡くなった作業員へむけてのお花だそう。

実際カリブの海賊では事故が多数発生し、ゲストで怪我人も出ているとのこと。

これらの事故が霊の仕業なのかは分かりませんが、関係ないとも言い切れない話ですね。

ディズニー都市伝説|まとめ

夢の国を守り、ゲストを楽しませる為に徹底的な従業員教育をしているディズニー。

実際に私達ゲストはいつも素晴らしい時間を過ごすことが出来ていますが、その裏で従業員や関係者の仄暗い噂や事件が起こっているという噂を耳にしてしまいます。

出来れば、明るく楽しい噂だけになったらいいなと思ってしまいますが、私達ゲストのパーク内での行動も大きく影響していそうです。夢の国を楽しむ為にも、節度ある行動をして楽しみたいですね!