Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ミステリードア

ディズニー都市伝説|本当に起きた恐怖の誘拐事件の場所と臓器売買の闇!

 

ディズニー都市伝説|本当に起きた恐怖の誘拐事件の場所と臓器売買の闇!誰もが愛する、年に一度は行きたいと思う夢の王国「東京ディズニーリゾート」夢と魔法に溢れた世界に、ある怖い噂話があるのをご存知でしょうか?今回は本当に起きた恐怖の誘拐事件の場所と臓器売買の闇!を考察!

様々な噂で溢れているディズニーリゾートの、過去に噂されたエピソードなども交え検証していきたいと思います。

ディズニー都市伝説|ディズニーランド・シーの紹介

東京ディズニーランドは1983年4月15日開業され、今年で35周年を迎えました。

開業当時はアメリカ国外で初のディズニーランドとして、世界中の人々から注目を浴び、今では日本を代表するテーマパークとして、今現在も入園者数第一位に君臨し続けています。

そんな東京ディズニーランドでは、開園してからも新しいアトラクションや新エリア等が登場し続け、2018年も進化し続けています。来年には、2001年開業の東京ディズニーシーに新アトラクション「ソアリン」が、2020年には東京ディズニーランドに美女と野獣の新エリアが出来る予定になっています。アトラクションだけでなく、オフィシャルホテルや、アンバサダーホテルをはじめとするディズニーホテル、東京ディズニーシーも開業したことで、「夢と魔法の王国 東京ディズニーリゾート」として事業の拡大、成長をし続けています。

ディズニー都市伝説|どうして夢の国っていうの?

ところでディズニーランドのことを、夢の国という人って多いですよね?

公式サイトにも「夢と魔法の王国」と書いてあるので、それを訳して夢の国というようになったのだと思いますが、なぜそのように呼ばれるようになったのか考えていきたいと思います。

ディズニーランドを作り上げたウォルトディズニー、この人なしでは夢の国を語ることが出来ないので、ウォルトの生い立ちから振り返りたいと思います。

ウォルトディズニーは幼い頃から絵を描くことが好きな少年で、アートの世界で才能を開花させた結果、映画やテレビの世界、テーマパークとあらゆるジャンルで活躍してきました。あらゆるジャンルの中で働いていく中で、ウォルト自身が大切にしてきた考え方が、自分の知らない世界を探求し続けることの大切さや、積極的に自分から学ぶ事の重要性を若い人たちに伝えることでした。

そんなウォルトがディズニーランドの開業を決意したきっかけが、娘とのある出来事でした。娘と休日よく出かけていたウォルトは、娘が遊んでいる姿を見て、自分はただベンチに座って見ている光景を疑問に思ったのです。大人も子供も一緒に楽しめる場所はないのか?と考えたウォルトは、そのような場所が全ての大人に必要と考え、ディズニーランドの開業を決めたそうです。

この様な考えのもと作られたディズニーランドなので、大人も恥ずかしさを忘れ、カチューシャを着けて仮装を楽しんだり、声をあげてアトラクションを楽しむことが出来る、夢に溢れた場所になっていったのではないでしょうか。

さらにパーク内には、現実世界を一時的に忘れられるように、時計が壁のデザインに溶け込むような作りになっており、時間を忘れさせる様な仕掛けがなされている。掃除も常に行き届き、常にゴミが落ちていないよう綺麗なパークを保っているのも、夢の国と呼ばれる為のおもてなしの演出なのでしょう。

ディズニー都市伝説|ディズニーランドで発生した誘拐事件の場所とは?臓器売買があったってほんと?

ところで、夢と魔法の王国であるディズニーランドで、子供の誘拐事件が起きたという噂をネット上でも目にしますが、どのような事件なのでしょうか?

発生している場所としては、子供が一人になりやすいトイレだそう。トイレに子供が一人で行き、帰ってきた際子供が「外国人に声を掛けられた」と言って戻ってきた例が何件かあるようです。

トイレの個室内で、誘拐犯は子供の髪色を変えたり、着替えさせたりし、出てきても親が分からないようにする、といった非常に怖い噂があり、その誘拐の目的が臓器売買という話が多く出回っています。実際の噂話だと、子供が居なくなったとキャストに親が相談に行くと、キャストは出入口を案内、子供が変装させられている可能性を親に伝えた上で探し、その時は変装した我が子を見つけられた為、未遂で終わったそう。

実際にこんな恐ろしいことが夢の国で起きているとは考えにくいですが、この様な噂がでた原因の一つが、ディズニーランドの規則にあり、それが、ディズニーランドでは迷子の呼び出しがないということ。

確かに呼び出しのアナウンスを聞いたことがないですよね。入場者数第一位をキープする程、毎日多くの来場者がいる中で、迷子がいたことがないということはありえないですし、迷子がいてもアナウンスをしないというのはある意味驚きですよね。

この様な規則がある事から、迷子になったら見つからない=誘拐という噂に派生してしまっているのだと思います。

ディズニー都市伝説|ディズニーランドで起きた事件についてピックアップ

その他、誘拐事件以外に実際に起きたと言われている事件についてまとめました。

・1983年 東京ディズニーランド ウエスタンランドトムソーヤ島で子供が頭蓋骨骨折

開園後初めて起きた事件で、岩場で遊んでいた子供が転落して発生しました。その後岩場の改修等行われていますが、その後にも事故は起きているそうです。

 

・1984年、1987年に東京ディズニーランド スペースマウンテンで死亡事故発生

乗車中、心不全を起こした女性が、病院に搬送後死亡。もう一件は、最前列に乗車した男性が、脳溢血で死に至りました。

 

・2003年 東京ディズニーランド スペースマウンテンで車両の脱線事故

走行中に車軸が折れて脱線しましたが、ゲストにけがは無かったそうです。

 

・2008年 東京ディズニーランド ドリームスオンパレードのフロートが破損

パレードの最中にフロートの支柱が折れ、3メートルの高さから落下。ゲスト、キャストにけがは無かったそうです。

 

以上、東京ディズニーランドに着目してピックアップしましたが、その他国内外合わせて多くの事件、事故が発生しています。

様々な事件事故について振り返りましたが、あまりニュースで取り上げられていないだけで、多数の事故が発生していることが分かりました。夢の国を壊さない為の仕掛けが沢山あるのはもちろん大事なことですが、前もって防ぐことが出来た事故(破損事故など)を起こさないことも徹底していかないと、夢の国を守ることはできないのではないでしょうか。

ディズニー都市伝説|まとめ

誘拐事件と臓器売買について、実際にあったとは考えにくいですし信じたくないですが、そのような噂話が話されるほど、ゲストはディズニーランドに足を運んだ際に感じた疑問や感動を周りの人に伝えているのだと感じました。

その様にさせてしまう夢の国には、自分がまだ発見出来ていない沢山の魅力が詰まっているのだなと感じます。