Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ハピネスドア

ディズニー神対応エピソード|キャストの素敵な心遣いに感動・感涙!

ディズニー神対応エピソード|キャストの素敵な心遣いに感動・感涙!
 

ディズニー神対応エピソード|キャストの素敵な心遣いに感動・感涙!徹底したおもてなしで、私達ゲストを楽しませてくれるディズニーランドのキャスト達。その素晴らしいサービスは、一流ホテルのスタッフにも引けを取らないのではと思います。ディズニーの神対応エピソードを調べてみました!

数ある素敵なサービスの中で、私が特に感動したお話をご紹介したいと思います。

ディズニー神対応エピソード|マニュアル外対応に感涙!お子様ランチの神対応!

『約束していたお子様ランチ』

ディズニーランドのあるレストランに、1組のご夫婦が来店しました。
キャストはご夫婦を2人がけのカップル席へご案内し、その後再びオーダーを取りにご夫婦の席へ行きました。
そこでご夫婦は「お子様ランチを2つお願いします」と。
通常どこのレストランでも、大人のお客様のみではお子様ランチは注文出来ません。ディズニーランドでも『お子様ランチは9歳のお子様まで』という決まりがあります。
その為キャストは、こちらのご注文はお受けすることができませんと丁寧にお断りしたのです。
ご夫婦も分かって注文されたようなのですが、奥様の落ち込み様が酷く、気になったキャストはご夫婦に尋ねました。
「お子様ランチは、どなたがお召し上がりになりますか?」

ご夫婦には闘病中の子供がいました。しかし一歳の誕生日を迎える前に亡くなったそうです。元気になったら3人でディズニーランドへ行こう!そしてお子様ランチを一緒に食べようね!と…約束したまま。果たすことができなかったその約束の代わりに、一周忌の供養にとディズニーランドを訪れたそうです。

その話を聞いたキャストは、すぐにご夫婦を2人がけのカップル席から4人がけのファミリー席へとご案内しました。そしてお二人の間に子供用の椅子を置きました。
「お子様はこちらへどうぞ。」
「それでは、お子様ランチお2つですね。かしこまりました。」

しばらくして、キャストは3つのお子様ランチを持って来ました。ご夫婦それぞれの前に1つずつ、そして子供用の椅子の前に3つめのお子様ランチを。
「こちらは、ディズニーランドからのサービスです。どうぞ、ご家族でごゆっくりお楽しみ下さい。」
ご夫婦はとても感動されていたそうです。

そして後日、ご夫婦からディズニーランドへ手紙が届きました。そこには、こう書かれていたのです。

【お子様ランチを食べながら、涙が止まりませんでした。私たちは、まるで娘が生きているかのように家族の団らんを味わいました。】

このご夫婦は、一生忘れない素敵な時間を過ごされたと思います。娘さんも楽しんでくれたのではないかと。
徹底したマニュアルがある中でも、ゲスト一人一人の心に寄り添い、臨機応変に対応してくれるキャスト達。その心配りに感動し、またこの場所を訪れたいと感じるゲストは少なくないのではないでしょうか。

ディズニー神対応エピソード|2人なのに4人がけのテーブルに案内された理由が凄い!

普通なら、ゲストが2名で来ていたら2人がけのテーブルへ案内しますよね?
ところが、とある2人連れのゲストが来店した際、キャストはその2人のゲストを4人がけのテーブルへとご案内したそうです。
まるで謎々みたい?いえいえ、これには素敵な理由があるんです。

『3人目のゲスト』

2人のゲストのうち1人は、大きなミッキーマウスのぬいぐるみを抱えて来店したそうです。
それを見たキャストは、2人を4人がけのテーブルへと案内し、こう言いました。

「ミッキーさんは、こちらの席へどうぞ」

3人目のゲストは大きなミッキーマウスのぬいぐるみだったのです。

私は子供の頃、ぬいぐるみは友達みたいな存在でした。ご飯を食べる時も一緒、遊ぶ時も寝る時も。どんどん薄汚れていくけど、いつまでも大切な存在。
その2人のゲストが連れていた大きなミッキーのぬいぐるみも、きっと一緒にパークを楽しんでいたのではないかなと。
この粋な計らいは流石!これぞ夢の国!と感動しました。私のお気に入りで、素敵なお話の一つです。

ディズニー神対応エピソード|キャスト神対応!母親を亡くした女の子の慰め方が凄い!

次は、心に響くサービスを受けて、悲しみでいっぱいだった女の子を笑顔にした素敵なキャストのお話です。

『大切なキーホルダー』

ディズニーが大好きな三人家族が居ました。
ある時、お母さんが不慮の事故で亡くなり、お父さんと女の子の二人きりになってしまいました。
女の子はお母さんが亡くなったショックからなかなか立ち直れず、塞ぎ込んでばかり。そこでお父さんは、娘の元気を取り戻すために、一泊二日でディズニーランドへ行くことにしたのです。

しかし、あんなに大好きだったディズニーランドでも、女の子は元気を取り戻すことは出来ませんでした。それどころか、お母さんから貰った大切なピーターパンのキーホルダーを落としてしまったのです。女の子はさらに塞ぎ込んでしまいました。
お父さんはキャストに相談し、閉園後も探してもらいますが、キーホルダーは見つかりませんでした。

その日の夜、2人の泊まっている部屋のドアの前に一通の手紙が置いてありました。そこには、こう書かれていたのです。

【君のキーホルダーは、僕の宿敵であるフック船長が盗んでしまったんだ。それで僕が取り返したんだけど…
君のお母さんが、どうしてもそれが欲しいって言ってね。ティンクが今、君のお母さんへ届けに行っちゃったんだ。これがあれば、お母さんはいつでも君には会いに来れるって!
だから、君も納得してくれるよね。
ピーターパンより】

この手紙のおかげで、女の子は元気を取り戻したそうです。

キーホルダーを見つけることが出来なかった代わりに、キャストがこっそり届けてくれたんですね。この手紙に込められたキャストの優しさで、きっとお父さんも元気になったのではないでしょうか。

三つのお話をご紹介しましたが、どれもマニュアルから一歩踏み出したサービスですね。
大勢のゲストに対応する為に、とても厳しいマニュアルと徹底したキャスト教育がされているディズニー。そんな中で心温まるサービスの話は後を絶ちません。これからも、素敵なエピソードが増えていくことでしょう。