Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ハピネスドア

ディズニー都市伝説|ダンボのトリビアまとめ!実は喋ったことがある?!

ディズニー都市伝説|ダンボのトリビアまとめ!実は喋ったことがある?!
 

ディズニー都市伝説|ダンボのトリビアまとめ!実は喋ったことがある?!大きな耳につぶらな瞳、その愛くるしい姿で人気のダンボ。2019年3月には実写版映画の公開も予定されており、今再注目されているディズニー初期の映画作品ですが、意外な秘密やトリビアがあることはご存知ですか?

今回は、実写版映画の公開に先駆けて『ダンボ』について調べてみました!

ディズニー都市伝説|ディズニー映画『ダンボ』とは?

1941年に公開された、ディズニー4作目の長編アニメーション映画『ダンボ』

日本では1954年に『空飛ぶゾウ ダンボ』というタイトルで公開されました。

サーカス団の一員であった象のジャンボの元に、一羽のコウノトリが可愛らしい赤ちゃん象を運んできました。大きな耳が特徴の赤ちゃん象はジャンボ・Jrと名付けられましたが、他の象たちがその大きな耳を笑い“ダンボ”とあだ名をつけ、からかうようになりました。

母親のジャンボはダンボに愛情をたっぷり注ぎ大切に育てていましたが、サーカスを観に来た子供にまでダンボはいじめられてしまいます。

その場面を目撃したジャンボは、ダンボを守るためにその子供をお仕置きしたのです。サーカス団員に止められるも、興奮したジャンボが暴れてしまい、凶暴な象だとして檻に閉じ込められてしまいダンボとも離れ離れになってしまいました。

それを不憫に思った団員でネズミのティモシーが、ダンボを助ける為に奮闘します。大きな耳で空を飛ぶ特技を見つけたダンボは、サーカス団のスターになれるのか。そして離れ離れになった母象ジャンボと再会できるのでしょうか…?

ディズニー都市伝説|過去はピンクの象だった?

この噂を聞いて、ピンクのダンボ?可愛い!と最初は思ったのですが、どうやらダンボがピンク色だったわけではないようです。

映画の中で、失敗続きで落ち込んでいたダンボとティモシーがうっかりお酒の入った水を飲んでしまいます。そして酔って眠ってしまった2匹は、ピンクの象が酔っ払って踊り回る夢を見たのです。

【ピンクの象】とは、この夢の中に出てきた酔っ払った象の事でした。

実はこの【ピンクの象】にはある意味があるとされ、公開当時問題になったとか。それについては後ほど詳しくご紹介します!

ディズニー都市伝説|ディズニーランドのダンボのアトラクションとは?

東京ディズニーランドの開園と同時にオープンし『空飛ぶダンボ』

10体のダンボがそれぞれ上下しながらクルクル回る、上昇回転型アトラクションです。ダンボ1体につき定員は2名で、年齢身長制限はありません。しかし座席に補助なしで1人座り出来ることが条件ですので、赤ちゃんを大人の膝に乗せるなどはNGです。

1分半の空の旅を楽しめるこのアトラクション、上下の動きは手元のボタンで調節可能なので、低い位置に設定すれば小さいお子さんも怖がらずに楽しめますね。ファンタジーランドの目立つ場所ということもあり、常に5〜6組は並んでいます。

さらにパレードルートのスタートorラスト付近なので、パレード開始から終了までは付近が大混雑しています!そしてダンボに乗りながらパレードが見られるので、ダンボの待ち時間もかなりのもの。ちなみに、パークのアトラクションは全て乗車中の撮影は禁止されています。ダンボと空の旅をしながらパレード撮影はご法度です、ご注意を!

ディズニー都市伝説|ダンボのアトラクションはピンクだった?

そんな大人気の『空飛ぶダンボ』ですが、ダンボの色は灰色なのにアトラクションでは当初ピンクだった?という噂。

オープンした時はすでに灰色でしたが、企画段階ではピンクだったそう。ピンクにした理由は定かではありませんが、ウォルトの大反対を受けピンクから灰色に変更されました。

映画の中で【ピンクの象】というと、お酒で酔ったダンボ達が夢の中で見ていた、奇妙で不気味で愉快なミュージカルの様な幻覚のシーンに大勢登場します。しかも、なんと5分間もあります。このシーンのインパクトが強いので、これをモチーフにしたアトラクションにしようとスタッフ達は考えたのでしょうか。

しかし、【ピンクの象】とは主に英語で表わされる言葉ですが、薬物やアルコールによって見る幻覚症状を婉曲に表現したもの。つまり、お酒や薬を匂わす幻覚症状を具現化したアトラクションなんて有り得ない!とウォルトは反対したのでしょう。

でも映画の中で表現するのは…有りなのですね。

ディズニー都市伝説|実はダンボは喋ってた?

本来ダンボは喋りません。

の代わりに、豊かな表情や仕草などで私達に感情を伝えてくれています。しかし、日本で映画『ダンボ』が最初にTV放送された際、なんとダンボが吹き替えられ喋っていたのです。

担当したのは当時アイドルだった大場久美子さん。現在では絶対に有り得ない事ですが、これも映像の吹き替え文化が発達していた日本だからでしょうか。世界でもダンボの吹き替えは、これ一度だけだそうです。

ディズニー都市伝説|実写化!映画『ダンボ』について

遂に2019年3月29日に公開となります、実写版『ダンボ』

過去にいくつものディズニー作品を手がけている、鬼才ティム・バートン監督によって新しい『ダンボ』が生まれます。

監督自身も『ダンボ』はお気に入りのディズニー映画だそう。きっとダンボの可愛らしさも存分に魅せてくれるのでしょう。あのファンタジックな世界観がどう実写と融合しているのか、そしてダンボとジャンボの親子愛、ティモシーとの友情…今からとても楽しみです!

最後に、あまりご存知の方はいらっしゃらないかと思いますが…ダンボのグッズはとても種類が少ないのです。ランドであまり見かけません。

ダンボ好きとしては、もっと増やして欲しい!とずっと前から願っていました。そしてこの度の実写版映画公開を機に、必ずダンボグッズは増えてくれることでしょう!期待しています!